笑うな危険! スージー・アラビア

インド映画

2010年01月13日

円谷怪獣、インドに現わる







Sinbad Alibaba & Aladin(1965・インド)

VCDのジャケットでは Sindbad になっているが、スクリーン上は Sinbad

インドでは、1930年代からアラビアンナイトをモチーフにした映画が盛んに作られている。本作もそのひとつだが、別の説話の主人公(シンドバッド、アリババ、アラジン)が物語の中で顔合わせするクロスオーバー作品的趣向に特色がある。





もうひとつの特色は特撮シーン。空飛ぶ絨毯、ランプの精といった千夜一夜モノにはおなじみの事物の他に、大ダコ(触手のみ)や肉食恐竜型大怪獣(口から動画合成された火炎を吐く)といった、インド映画には珍しい架空生物が登場する。

大怪獣はこんな感じ。













デザイン・造形にどことなく日本製怪獣映画の匂いを感じないだろうか? 実はこの映画、円谷プロ(当時は株式会社円谷特技プロダクション)の川上景司氏と石井清四郎氏が特撮を担当しているのだ。

信じてもらえないかも知れないので、証拠としてタイトルクレジットをお目にかけましょう。





俺も海外の日本特撮ファンからこの映画の存在を聞いたときは半信半疑だったが、現物を確認したところ、本当にお二方の名前が明記されていた(石井氏は SEISHILO ISHI になっているが)のでびっくりした次第。

円谷プロとインドのコラボ作品なんて、聞いたこともない。(無断でフィルムを流用したパッチワーク作品ならあるが)いったいどういう経緯で仕事が回ってきたのだろうか? 関係者の発言とか残ってないの? 日本特撮に詳しい人、教えてプリーズ。



susie_arabia at 01:55|Permalink│Comments(2)│


2009年03月22日

地底怪獣インドに現わる







ネットで拾った原始人映画「Aadi Yug」(1978・インド)のポスター。バラゴンみたいな恐竜が描かれている。こんなの、ほんとに出てくるのだろうか? 百聞は一見に如かず。VCDを取り寄せてみた。






結論。たしかに出てくる。バラゴンだけでなく、フランケンシュタインも。もうお分かりですね。東宝映画「フランケンシュタイン対地底怪獣」のフッテージ流用だった。だまされた。予想はしてたけれど、やっぱりだまされた。でも後悔はしていない。男には、だまされると分かっていても、買わねばならぬビデオがあるのだ。そういえば先月もヒロインの幻覚シーンに「怪獣ゴルゴ」のフッテージが数秒入ってるだけのシロモノを、怪獣映画だといって買わされたばかりなのを思い出した。インドのみなさん、俺が何か悪いことしましたか?










気になるのはインド人の反応。だっていきなり樹木よりデカい人物が出てくるんだぜ。日本人なら「ああ、これはフランケンシュタインじゃなくて原始人(のつもり)なんだな」って脳内補正できるけれど、日本映画に対する先行知識のないインド人観客は、そのまんま「巨大な原始人」として認識するにちがいない。この不自然さ、インドの人たちはどのようにして折り合いをつけるのだろうか?






余談ながら本作には、インド映画には珍しくヌードシーン(ロングショットだけど)が出てくる。男性はパンツらしきものをはいているが、女性は全裸。一応、モザイク代りに画面の一部が塗りつぶしてあるものの、処理がぞんざいで、ほんの一瞬だが、お尻が見えたりする。よくシーンごと削除されなかったものだ。インド映画における性表現の研究資料として、ちょっと面白いのではないかと思う。エロ映画としての実用性はないけれど。






インド映画はキスもNG。と、一般的に信じられている。だがそれは表向きの話。インドにも裏ビデオは存在する。今はどうだか知らないが、昔(90年代の初め)は路上で「インド人による、インド人のための、インド人のハードコアポルノ」がこっそり売られていた。ちなみに俺が見たビデオは、男女がギシアンしてる横を、なぜかバラエティ番組のお笑い芸人さんみたいな人が歩き廻ってたので驚いた。恐るべしインド。一生ついて行きます。




susie_arabia at 22:21|Permalink│Comments(4)│


2007年07月16日

ひとりJAWS







Aatank(1996・インド)

「JAWS ジョーズ」にインスパイアされた作品(あえてパクリとはいわない)には、サメ(またはタコ、クマ、シャチなど)が主役のものと、サメそのものは物語に起伏をあたえるための脇役にすぎないものとがある。本作は後者で、メインテーマは漁場を牛耳る悪徳実業家と漁師の青年との争い。




これにサブプロットとして巨大ザメのエピソードがからむわけだが、カメラワークやBGMで徐々に不安感を高めて行くスピルバーグ流演出とは対称的に、いきなりサメがあらわれて女性をガブリ。あたりは一瞬にして血の海と化す。しかもこれ、結婚式を終えたばかりの花嫁さんが喜びを歌いあげるダンスシーンなのである。この無神経なまでの唐突さ、幸不幸の落差がこわい。










悪徳実業家がモーターボートからヘリコプターに乗り移ろうとすると、海面から飛び出してきたサメがヘリに体当たり。ヘリはボートに衝突し、実業家は空中に投げ出される。そこに主人公の放った銛が命中。実業家は串刺し状態のまま海の中へ。さらにジャンプしたサメの腹を主人公が銛で切り裂く(噴出した血で主人公は全身真っ赤になる)壮絶なシーンで物語は幕を閉じる。










本作はインドには珍しい本格的な海洋アクション映画。精巧なミニチュアワークを使ったクライマックスシーンには迫力があり、特撮映画〔注〕としても興味深い。このような作品が広く知られることで、はじめてインド映画の多様性が認知されるのではないだろうか?


















…………………………………………………………………………

〔注〕インドには神様映画の伝統があり、特撮技術との関係は意外に古い。一度、特撮という視点からインド映画史を見直す必要があると思う。


susie_arabia at 00:05|Permalink│Comments(2)│


2007年05月30日

インド・ターザン映画年表







インド製ターザン(&もどき)映画の編年体リストです。何の役に立つのか自分でもさっぱり分かりませんが。例によって各年度内の配列はアルファベット順。カッコ内は監督名。クェスチョンマークは監督未詳。aka は also known as(別題)の略。特に断りのない場合はヒンディー語、となっております。


1937

Tarzan ki Beti(Roop K. Sholey) 

Toofani Tarzan(Homi Wadia)

Zambo the Apeman(M. Bhavnani)
  aka Sher-e-Jungle


1938

Banke Sepahi(R. N. Vaidya)
  aka Desh Sevak, Patriot

Vanaraja Tarzan(Nari Ghadiali)
  タミル語


1939

Zambo ka Beta(M. Bhavnani)
  aka Son of Zambo


1958

Zimbo(Homi Wadia)


1959

Gimbo ki Beti(S. Pal)

Thozhan(K. Vembu)
  タミル語


1960

Zimbo Comes to Town(Nanabhai Bhatt)
  aka Zimbo Shaher Mein


1962

Tarzan Mera Saathi(John Guillermin)
  aka Tarzan Goes to India
  aka ターザン インドへ行く
  MGMによる唯一の公式作品

Toofani Tarzan(A. R. Zamindar)







1963

Rocket Tarzan(B. J. Patel) 

Tarzan aur Gorilla(Pyarelal)
  aka Tarzan and Gorilla

Tarzan aur Jadugar(Radhakant)


1964

Tarzan and Captain Kishore(Jal)

Tarzan and Delilah(A. Shamsheer)

Tarzan aur Jalpari(Radhakant)
  aka Jalpari
  aka Tarzan and Jalpari

Tarzan's Beloved(?) 


1965

Tarzan and Cleopatra(?) 

Tarzan and King Kong(A. Shamsheer)

Tarzan and the Circus(Shiv Kumar)

Tarzan Comes to Delhi(Kedar Kapoor) 
  aka Tarzan Delhi Mein







1966

Tarzan and Hercules(Mehmood)

Tarzan Aur Jadui Chirag(Babubhai Bhanji)
  aka Alladin and the Wonderful Lamp

Tarzan ki Mehbooba(Ram Rasila)

Zimbo Finds a Son(John Cawas)
  aka Zimbo ka Beta


1968

Tarzan in Fairyland(Sushil Gupta)
  aka Tarzan Paristan Mein


1970

Tarzan 303(Chandrakant)


1985

Tarzan(B. Subhash)
  aka Adventures of Tarzan







1987

Sheela(Dwarakesh)
  テルグ語

Tarzan and Cobra(Bhagwant Choudhury)


1988

Jungal ki Beti(R. Thakur)

Tarzan Sundhari(?)
  テルグ語


1990

Lady Tarzan(Guana)


1991

Jungle Beauty(Dilip Gulati)

Jungle Queen(K. Chandra)







1992

Jungle ka Beta(Sunil Kumar)


1995

Love in Jungle(L. B. Madhav)


1998

Jungle Love Story(Dilip Gulati)


2001

Junglee Tarzan(Kishan Shah)


2002

Tarzan ki Beti(Pratap Singh)
  アダルト指定







2003

Jungle Hero(K. I. Sheikh)
  2002年?


2004

Jungle ka Sher(Kanti Shah)


年度未詳

Badla Sherni ka(Kanti Shah)

Jungali Jawani(?)
  アダルト指定

Tarzan and Magician(?)
  Tarzan Aur Jadugar と同一作品?



susie_arabia at 21:59|Permalink│Comments(2)│


2006年12月17日

インド・ホラー映画年表







研究するにせよ、蒐集するにせよ、その分野全体を鳥瞰できる基礎資料がなければどうにもならん! というわけで勝手にインド・ホラー映画の編年体リストを作ってみた。各年度内の配列はアルファベット順。カッコ内は監督。クェスチョンマークは監督名未詳。aka は also known as(別題)の略。特に断りのない場合はヒンディー語。


1932

Bhutia Mahal(Jayant Desai)

Chalta Purza(Balwant Bhatt)


1934

Sair-e-Paristan(M. Bhavnani)


1935

Ghalta Putla(Sarpotdar)

Kalkut(D. K. Kale)

Maut ka Toofan(Hendry Dargwitch)
  aka Storm of Death

Night Bird(Dhiren Ganguly)

Zingaro(S. N. Bhende)


1937

Dhanwan(Premankur Atorthy)

Eternal Music(Hiren Bose)

Nav Jawan(Aspi)


1949

Bhedi Bungla(Master Bhagwan)
  aka House of Mystery

Mahal(Kamal Amrohi)
  aka The Mansion






1950

Aadhi Raat(S. K. Ojha)
  aka Midnight


1952

Hanabari(Premendra Mitra)
  ベンガル語






1953

Badshah Dampati(Amiya Chakrabarty)
  ユーゴー「ノートルダム・ド・パリ」の映画化


1957

Aadhi Raat(Chandrakant)
  aka Midnight


1962

Bees Saal Baad(Biren Nag)

Tower House(Nisar Ahmad Ansari)


1963

Kala Jadoo(Mehmood)

Pataal Nagri(Ramkumar Dhirendra Bohra)


1964

Bhargavi Nilayam(Aloysius Vincent)
  aka The House Named Bhargavi
  マラヤーラム語

Kohraa(Biren Nag)

Woh Kaun Thi(Raj Khosla)
  aka Who Was She?


1965

Bhoot Bangla(Mehmood)





Poonam ki Raat(Kishore Sahu)

Zindagi Aur Maut(N. A. Ansari)


1971

Ashich Ek Ratra Hoti(Anant Mane)
  aka Asheech Ek Ratra Hoti

Parde ke Peechhey(K. Shankar)


1972

Bees Saal Pahele(Probir Roy)

Do Gaz Zameen ke Neeche(Tulsi Ramsay)
  aka Crime Does Not Pay
  aka Six Foot Under
  aka Two Yards Under the Ground


1974

Jab Andhera Hota Hai(Deepak Bahry)

Shaitaan(Feroz Chinoy)


1975

Andhera(Tulsi & Shyam Ramsay)
  aka The Darkness


1976

Nagin(Rajkumar Kohl)
  aka The Female Snake

Rushya Shringa(V. R. K. Prasad)


1977

Haiwan(Ram Rono Subhash)

Jadu Tona(Ravikant Nagaich)
  aka Black Magic

Kaali Raat(Dhirendra Bohra)

Panch Najuk Bote(Datta Davajekar)


1978

Darwaza(Tulsi & Shyam Ramsay)
  aka The Door





Liza(Baby)


1979

22 June 1897(Jayoo Patwardhan & Nachiket Patwardhan)

Aur Kaun(Tulsi & Shyam Ramsay)
  aka Who Else?





Bhayaanak(S. V. Saiyed)

Jaani Dushman(Rajkumar Kohli)
  aka Beloved Enemy


1980

Gehrayee(Arunavikas)
  aka Depth

Guest House(Tulsi & Shyam Ramsay)

Phir Wohi Raat(Danny Denzongpa)

Rahasya Rathri(M. S. Kumar)
  カンナダ語

Red Rose(Bharathi Rajaa)

Saboot(Tulsi & Shyam Ramsay)


1981

Chehre pe Chehra(Raj Tilak)
  aka Face to Face





Dahshat(Tulsi & Shyam Ramsay)
  aka Terror

Ghungroo ki Awaaz(Tulsi & Shyam Ramsay)

Hotel(Tulsi & Shyam Ramsay)

Mangalsutra(Vijay B.)

Phir Wahi Raat(Danny)

Sannata(Tulsi & Shyam Ramsay)

Sansani(Irshad)


1982

Apradhi Kaun(Mohan Bhakri)


1984

Purana Mandir(Tulsi Ramsay)
  aka The Ancient Temple
  aka The Old Temple

Pyasa Shaitan(Joginder)

Shree Krishnaparanthu(A. Vincent)
  マラヤーラム語


1985

Bhago Bhoot Aayaa(Krishna Naidu)

Cheekh(Mohan Bhakri)
  aka The Scream

Saamri(Tulsi & Shyam Ramsay)
  aka Satan

Veerana(Tulsi & Shyam Ramsay)
  aka Lonliness
  aka The Wildness


1986

Haveli(Keshu Ramsay)

Jinda Laash(Shantilal Soni)

Raat ke Andhere Mein(Vinod Talwar)
  aka In the Dark of the Night

Tahkhana(Tulsi & Shyam Ramsay)
  aka The Dungeon






1987

7 Saal Baad(S. U. Syed)
  aka Saat Saal Baad

Dak Bangla(Keshu Ramsay)
  aka Rest House

Ek Aur Khoon(Ramesh Bedi)

Khooni Mahal(Mohan Bhakri)
  aka Deadly Manor


1988

Bhayaanak Mahal(Baby)

Kabrastan(Mohan Bhakri)
  aka The Graveyard

Pyaasi Atma(Ismail Inamdar & A. K. Mishra)

Woh Phir Aayegi(B. R. Ishara)


1989

Ajnabi Saayaa(Prasun Banerje)

Bhutacha Bhau(Sachin)
  マラチ語

Khoj(Keshu Ramsay)

Khooni Murdaa(Mohan Bhakri)
  aka Deadly Corpse

Purani Haveli(Tulsi & Shyam Ramsay)
  aka The Old Mansion

Sau Saal Baad(Mohan Bhakri)

Wohi Bhayaanak Raat(Vinod Talwar)
  aka That Same Horrifing Night


1990

Amavas ki Raat(Mohan Bhakri)

Bandh Darwaza(Tulsi & Shyam Ramsay)
  aka The Closed Door

Bungalow No-666(P. Chandra Kumar)

Kafan(Dhirendra Dhirendra Bohra)
  aka The Shroud

Ladies Hostel(Ramesh Kumar)

Lekin(S. S. Gulzar)

Shaitani Ilaaka(Kiran Ramsay)
  aka Devil's Domain


1991

100 Days(Partho Ghosh)
  aka シックス・センス・オブ・レディ

Aakhri Cheekh(Tulsi & Shyam Ramsay)
  aka The Final Scream





Hatyarin(Vinod Talwar)

House No.13(Baby)

Khatra(H. N. Singh)

Khooni Hawas(G. M. Kumar)

Khooni Raat(J. D. Lawrence)

Pyar ka Saaya(Vinod Verma)

Raat(Ram Gopal Varma)
  aka Raatri

Roohani Taaqat(Mohan Bhakri)


1992

Balaa(Qaiser Sanober)
  aka The Witch

Insaan Bana Shaitan(Mohan Bhakri)

Junoon(Mahesh Bhatt)
  aka Obsession
  aka The Obsession

Khooni Dracula(Harinam Singh)
  aka Deadly Dracula

Khooni Panja(Vinod Talwar)
  aka Deadly Hand


1993

Mahakaal(Tulsi & Shyam Ramsay)
  aka Time of Death

Manichithrathazhu(Fazil)
  aka Manichithra Thazhu
  マラヤーラム語





Zakhmi Rooh(Pawan Kumar)

Zapatelya Betawar(?)
  マラチ語


1995

Ammoru(Kodi Ramakrishna)
  aka Amman
  aka Maa ki Shakti
  テルグ語

Lady Killer(Chandra Mohan)

Pyasa Shaitan(Joginder)


1996

Bhayanak Panjaa(R. Mittal)

Deyyam(Ram Gopal Varma)
  テルグ語

Papi Gudiya(Lawrence D'Souza)
  aka Paapi Gudiya
  aka Papi Gudia

Phool Bani Patther(Vinod Talwar)


1997

Chudail(P. Chandra Kumar)

Darawani Haveli(Rakesh Sinha)

Ishq(Indra Kumar)
  aka Romance

Pret Atma(Rajesh Mittal)

Pyasa Darinda(Asha Khan)


1998

Bhayanak(R. Mittal)

Daayan(Dharam)





The Eyes(George Kithu)
  aka 三更見鬼

Haiwan(V. Prabhakar)

Khofnaak Mahal(Sushil Vyas)

Maut(Kanti Shah)

Main Phir Aaoongi(K. I. Sheikh)

Purani Kabar(K. I. Sheikh)

Putuler Pratisodh(Rabi Kinagi)
  ベンガル語

Pyasi Chudail(Rafi)

Saamri(K. I. Sheikh)

Shaitani Aatma(Harinam Singh)


1999

Aakasha Ganga(Vinayan)
  aka Akasha Ganga
  aka Akashaganga
  マラヤーラム語

Aakhri Raat(?)
  aka Aakuriraat

Benaam(T. L. V. Prasad)

Bhayanaak Raatein(?)

Bhoot ka Darr(J. K. Ramsay)

Chandaal Atma(S. R. Pratap)

Chudail No.1(R. Kumar)

Devi(Kodi Ramakrishna)

Dracula(Teerath Singh)





Dulhan Bani Daayan(Dinesh K. Thakkar)

Guest House(P. G. Rajomohan)

Hai Kaun Woh(Rakesh Kakaria)

Haveli ke Peeche(Vijay Chouhan)

Kaun?(Ram Gopal Varma)
  aka Evaru
  aka Kaun
  aka Thriller
  aka 真犯人
  aka ストーミー・ナイト

Khaufnaak Raat(Jeff Burn)

Khooni Aahat(?)

Khooni Ilaaka(Teerath Singh)
  aka Khooni Ilaaka: The Prohibited Area

Khooni No.1(Dilip Gulati)

Khoonkhar Darinde(Teerath Singh)

Khopdi: The Skull(Ramesh Lakhiani)

Murdaa Ghar(Kishan Shah)

Qatil Chandalini(Rajan Lyalpuri)

Sar Kati Laash(Teerath Singh)

Shaitaani Khazana(?)

Shaitan Khopdi(C. Vasan)

Shaitan ki Raat(?)

Shaitan Tantrik(Wajid Sheikh)

Tower House(Rajesh Nittal)

Zameen ke Neeche(Willy)


2000

Andheri Raton Mein(Ambrish Kashyap)

Apradhi Kaun(Mohan Bhakri)
  aka Who is the Criminal?

Bhoot hi Bhoot(?)

Bhootni(Israr Ahmed)

Bhootraaj(Jeetendra Chawda)

Chehre ke Peechey(Pappu Sharma & Nishar Shah)

Chudail ki Raat(Dinesh K. Thakkar)

Daak Bangla(R. Mittal)

Dahshat(Sailesh Konchady)

Devadoothan(Sibi Malayil)
  マラヤーラム語

Ichhadhari Shaitaan(Anil Naidu)

Indriyam(George Kithu)
  aka Indrium
  マラヤーラム語

Kaala Mandir(Hemant Kamal)

Kabrastan(Ramesh Lakhiani)

Khooni Bistar(Tilak Raj)

Khooni Ladki(Harinam Singh)

Khooni Shikunja(Yashwant)

Khooni Tantrik(Teerat Singh)

Maaya ka Saaya(?)

Murde ki Mout(Dinesh K. Thakkar)

Nakhoon(Dinesh K. Thakkar)

Raat ka Shikar(?)

Shaitaan Khopdi(?)


2001

Aaage Maut Peechey Maut(A. T. Roy)

Ab Kya Hoga(Sohail Shaikh)

Aram Indriyam(?)
  aka Aaram Indriyam
  マラヤーラム語

Bhadra(?)
  マラヤーラム語

Chandani Bani Chudail(R. Mittal)

Chehra Maut Ka(Inder Kumar Gupta)

Dafan(Jitendra Chawda)

Gumnam Qatil(Harinam Singh)

Hawas ki Raat(Kailash Churi)

Khooni Jaljala(Hriday Shanker)

Maut ki Haveli(A. Raja)

Megasandesam(Rajasenan)
  aka Magha Sandesham
  マラヤーラム語

Mera Saaya(Dharam)

Phir Ayegi Woh Raat(Tej Saran)

Saaya Kali Raat Mein(Mehmood Khan)

Shamshaan(R. K. Khanna)

Shhh...!!(Upendra)
  カンナダ語

Tahkhana(Kishan Shah)

Vahshi Aatma(?)

Woh Kaun Thi?(Amrit Pal)


2002

Aakhir Kaun Thi Woh?(Bapu)

Agni Varsha(Arjun Sajnani)

Bani Chudail Ee(?)

Bhargavi Nilayam(?)
  マラヤーラム語

Chandni(?)

Darwaza(Kanti Shah)

Jaani Dushman: Ek Anokhi Kahani(Raj Kumar Kohli)

Khooni Shaitan(Kanti Shah)

Kunwari Chudail(J. Neelam)

Mahal(Anand Prakash)

Pakalpooram(Ani & Babu)
  マラヤーラム語

Qatil Chudail(Kanti Shah)

Raaz(Vikram Bhatt)
  aka Secret

Ragasiyam(?)
  タミル語

Shaitan Mantrik(Shiv Kumar)


2003

Baaz(Tinu Verma)

Bhoot(Ram Gopal Varma)
  aka Fantomes
  aka Ghost
  aka Ghost House

Bhoot Ke Peeche Bhoot(Kishan Shah)

Darna Mana Hai(Prawal Rama)

Dhund: The Fog(Shyam Ramsay)





Duplicate Jaani Dushman(J. Neelam)

Hawa(Guddu Dhanoa)

Kucch To Hai(Anil V. Kumar)
  aka There Must Be Something

Pyaasa Haiwan(Kanti Shah)

Pyaasi(Kanti Shah)

Sssshhh...(Pawan S. Kaul)
  aka Shh..Koi Hai

Tantrik Shakti(?)


2004

Aparichithan(Sanjiv Sivan)

Darinda(Kanti Shah)

Ek Raat Shaitan ke Saath(B. K. Malhotra)

Hum Kaun Hai?(Ravi Sharma Shankar)
  aka Ora Kara

Ho Sakta Hai(?)

Kaani(?)
  テルグ語

Khooni(Kanti Shah)

Khooni Raat(Gyanendra Choudhry)

Krishna Cottage(Santram Varma)

Maut ke Peeche Maut(Kishan Shah)

Maut ki Dahshat(J. Neelam)

Nimmi(Ram Gopal Varma)

Pyaasi Bhootni(Kanti Shah)

Rakht(Mahesh Manjrekar)
  aka Rakht: What If You Cans See the Future

Shock(Thyagarajan)
  タミル語

Sunsan Mahal(Om Prakash Sharma)

Vaastu Shastra(Sourabh Usha Narang)
  Deyyam のリメイク

Vellinakshatram(Vinayan)
  マラヤーラム語

Vismayathumbathu(Fazil)
  マラヤーラム語


2005

Ab Tumhari Bari(Mohan Bhakri)

Amavas(Sidharth Srinivasan)

Anandabhadram(Santosh Sivan)

Anjaane(Harry W. Fernandes)
  ハリウッド映画「アザーズ」翻案

Badla: The Revenge(Rana Jaiswal)

C U at 9(?)

Chandramukhi(P. Vasu)
  aka チャンドラムキ 踊る!アメリカ帰りのゴーストバスター
  タミル語

Chudail ka Badla(P. Alagar)

Ek Raat: Shock(Sunil Kumar Desai)

Mantra(Raviranjan Maitra)
  ベンガル語

Naina(Shripal Morakhia)
  タイ映画「Khon Hen Phi」のリメイク






2006

Aatma(Deepak Ramsay)





Anjaane: The Unknown(Harryy W. Fernaandes)

Darna Zaroori Hai(Ram Gopal Varma 他)
  オムニバス映画

Ei8ht(Karan Razdan)
  aka Ei8ht Shani(一般的にはこのタイトルで知られているが、スクリーン上では「Ei8ht」となっている)

Moonnamathoral(V. K. Prakash)
  マラヤーラム語

Shaitani Dracula(Harinam Singh)


年度未詳

Ansh(?)

Barah Saal Baad(N. B. Chakravarty)

Bhoot Haveli(Roja)

College Story(Krishna)

Ee Bhargavinilayam(Benny P. Thomas)
  マラヤーラム語

Khoon ki Awaaz(?)

Khooni Aanken(?)

Kyaa Koi Hai(A. P. S. David)

Mein Hoon Qatil Jadugarni(Dilip Gulati)

Midnight in Bombay(?)

Naya Din Nayee Baat(V. Karot)

Purana Kabristan(?)

Pyaasi Apsara(J. Neelam)

Shaitani Badla(Harinam Singh)

Shaitano ka Honeymoon(?)

Shamshaan(R. K. Khanna)

Summer Palace(K. Murali)
  マラヤーラム語


【2007年4月3日追記】

kubo 様より次の作品に関する情報を頂戴いたしました。謹んで御礼申しあげます。

Bhutia Mahal

Shan-e-Khuda

Kalkoot

Chandramukhi


【2007年4月5日追記】

kubo 様より次の作品に関する情報を頂戴いたしました。心より御礼申しあげます。

Night Bird

Midnight in Bombay

Hanabari

Badshah Dampati

Rahasya Rathri

Pyasa Shaitan

Shree Krishnaparanthu

Haiwan

Jab Andhera Hota Hai

Pyaasi Atma

Khooni Aanken



susie_arabia at 02:00|Permalink│Comments(8)│


2006年10月01日

インドのジャッキー・チェン映画(2)



トラックで逃げる主人公を追うマフィアの自動車、バイク、馬、トラクター。しかしトラクターって……

















クライマックスなので人は飛ぶわクルマは飛ぶわ。あっちでドッカンこっちでドッカン。もうヤケクソ。










この人なんか "人間大砲" 状態。きれいなポーズで飛んでいる。まるで連続活劇のロケットマンだ。










監督&主演のスリラー・マンジュは、インド南部のカンナダ語映画界を中心に活躍しているスタントマン出身のアクション俳優。この人の映画はことごとくバカ。つかキ○ガイで、本作なんかまだマトモな方。ゲテモノ映画マニアなら絶対に買い。俺は見かける端からおさえてます。

最後にタイトルの説明をしておこう。被害者が「デッドヒート」のポスターの裏にダイイング・メッセージを書くシーンがある。ただそれだけ。ストーリーには全く関係ない。だったら「ヤン・スエ」でも何でもいいんじゃないの?







susie_arabia at 00:24|Permalink│Comments(0)│


2006年09月30日

インドのジャッキー・チェン映画(1)







ジャッキー・チェン「の」映画ではない。本作にジャッキー本人の出演シーンは1カットもない。またジャッキーのドキュメントでも、オマージュでもない。タイトルが「Jackie Chan」(1996・インド)──つまり「ジャッキー・チェンという題名の映画」なのである。



おどろいた? 俺も実物を目にするまで信じられなかった。たぶんジャッキー本人も知らないと思う。

内容は巨悪(悪徳政治家&ローカル・マフィア)に挑戦する空手の達人ラナ警部(スリラー・マンジュ)の活躍を描いたポリス・アクションもので、見所は香港スタイルの派手なマーシャルアーツ・アクション。



















ワイヤーの代わりにトランポリンを多用。つか乱用。やたら人が飛ぶ。意味もなく飛ぶ。3枚目の画像なんか、白シャツの人はただ蹴られるために飛んでいる。













拳立て伏せしながら敵を追いかけたり、いきなり全員で側転を始めたり。コミカルというより、ただのバカである。










いわゆる「信じるには見るしかない映画」のひとつだ。信じたからといって、何がどうなるわけでもないけれど。

susie_arabia at 18:46|Permalink│Comments(0)│


2006年08月24日

幻のインド製大怪獣映画







アジアの怪獣映画といえば韓国の「大怪獣ヨンガリー」や香港の「北京原人の逆襲」、北朝鮮の「プルガサリ」などが有名だが、これらに先行する作品がインドにあることはあまり(というか全然)知られていない。ムハンマド・フセイン監督の「Shikari」(1963)がそれで、日本の技術協力を得ずに、自国スタッフのみで作られたアジア圏初の怪獣映画──という点からも注目に値する。

エキセントリックな科学者をリーダーとする探検隊が、ジャングルの奥でマッドサイエンティストに遭遇する。「Dr. Cyclops」と「キングコング」をミックスしたようなストーリーで、ハイライトは巨大猿怪獣による破壊シーン。






















フルスケールダミーを用いたクローズアップショットや俳優ごとセットを倒す屋台崩しシーンなど、「大魔神」シリーズを先取りするような映像表現もちらほら。カットによって猿の大きさと空の色がまちまちなのがタマにキズ。



















溶岩流に転落してアチチチ状態の巨大猿。着ぐるみのデザインは「ちょっと痩せたキンゴジのコング」って感じかな。60年代初頭は「巨大猿怪獣コンガ」や「キングコング対ゴジラ」など巨大猿をフィーチャーした特撮映画が続いた。




踊るミニチュア人間。よく見るとサリーを着ている。元ネタはジェームズ・ホエール監督「フランケンシュタインの花嫁」。







番犬代わりの怪獣。こっちは「シンドバッド七回目の航海」が元ネタですな。







噂ではインドには海から現れたモンスターがムンバイを襲撃する「Gogola」(1966)なる作品があるという。ゴゴラというソレっぽいタイトルから想像すると、ゴジラ系の巨大怪獣映画ではなかろうか? ディープな特撮マニアは格安チケット買って今すぐインドに突撃だ突撃!

susie_arabia at 23:12|Permalink│Comments(2)│


2006年08月21日

現地人100万年







暑い! 服なんか着てられるか! というわけで、本日は究極のクールビズ・ムービー「Purana Purush」(1978・インド)を紹介しよう。早い話が原始人映画なんだけどね。

やたら動きのいいゴリラ。巴投げや飛び蹴りなど、野生動物とは思えない高度な格闘テクニックを身につけている。この映画、格闘シーンがやたら多く、常に誰かと誰かが取っ組み合いをしている。数えたら10シーン、合計30分もあった。ランニングタイムが116分(インド映画にしては尺数が短い)なので、全体の4分の1は格闘シーンで占められていることになる。










現代的な振り付けで石器時代人が踊りまくる。BGMはリヒャルト・シュトラウスの「ツァラトゥストラかく語りき」をアレンジした曲に「ア〜ア〜ア〜、アア〜!」ってスキャットが入るだけで歌詞抜き。しかし無理にダンスシーン入れなくても……










恐竜狩り。獲物のスティラコサウルスは「恐竜グワンジ」からの流用フッテージ。別のシーンでは「失われた世界」のフィルムも使われている。もちろん両者ともクレジットに明記なし。










恐竜狩りシーンの続き。カットが変わると、3Dモデルのスティラコサウルスがいきなり着ぐるみ恐竜(トリケラトプスもどき)になってしまう! 中に入っているのは本物の動物。俺もいろんな恐竜映画を見たけれど、こんなの初めてだ。大きさからいって牛か馬だと思うのだが、どうやって着せたのだろうか?







15分に1回ぐらいHシーンが出てくる。A指定(成人映画)ではないが、内容的には準アダルト。ちなみに女優はすべて毛皮のブラ(しかもショルダーストラップ付き)を着用している。インドは検閲が厳しいので、たとえ原始人といえどトップレスは御法度なのだ。







鼻から火を吹く恐竜さん。正直、着ぐるみの完成度は果てしなく低い。棒立ちでヨチヨチ歩くだけ。首も前足も全く動かない。















こんな作品でも興行収入第37位にランクされており、俺的には恐竜絶滅の真相よりそっちの方がずっと謎なんですけど。



susie_arabia at 20:42|Permalink│Comments(0)│


2006年08月10日

インドのホラー親子(6)






「Bandh Darwaza」続き。↓ の「3°」みたいな格好をしたブツは、ヒンドゥー教の聖なる言葉「オーム」を象った魔除け。ボリウッド・ホラーでは、トリシューラ(シヴァ神のシンボルである三叉の矛)と共に、魔物を撃退する強力な守護アイテムとしてよく登場する。ヒンドゥー教徒以外の観客に配慮してか、コーランや十字架もネオラに対して効果があることになっている。










アニラダ・アガルワル扮するネオラはよくいえばパワフル、悪くいえば凶暴。ルゴシのエレガントなドラキュラとは対称的なキャラクターで、クリストファー・リー(とくに「凶人ドラキュラ」)を意識している。










ラームセー・ブラザーズがホラー映画制作を開始した70年代は、ちょうどハマープロが新ドラキュラ・シリーズを発表していた時期にあたる。ハマーとラームセーが組んだら面白かったろうな──と思うのは私だけでしょうかどうでしょうか?















susie_arabia at 00:20|Permalink│Comments(0)│

このページTOPへ↑次のページへ→

Copyright © 2006-2011 susie_arabia All Rights Reserved.

inserted by FC2 system